MS sofa
無垢のパイン材と高島帆布を組み合わせたソファ。重厚感のある脚と側面・背面に施した縦格子が特徴です。高島帆布のカラーは、お好みでお選びいただけます。

クッションは、本革に変更することもできます。
1人掛け、2人掛けもお作りできます。

~お便りをいただきました~

NAME MS sofa
SIZE W2080 D850 H700
METERIAL pine+canvas(masquerade)
FINISH OSMO #3123 pine
PRICE ¥225,500 (include tax)
送料区分 お問合わせください

  
最大の特徴は、重厚感のある脚と側面・背面に施した縦格子です。伝統的なデザインでもありますが、どんな空間でも馴染んでくれるでしょう。背面が見えるように設置すると、さらに存在感がアップします。
ひじ置き部分は幅広で、パイン無垢材の木目の美しさが際立つとともに、テーブルや棚の代わりにカップや本、リモコンなどを置くのに便利です。


ファブリックには、ここ湖西エリアで作られている丈夫な高島帆布(※)を使用させていただきました。80数色ある中から、スープファニチャーでは10色をピックアップしてご提案しています。今回はその中から「マスタード」色を選んでいただきました。ポップで優しい色、お部屋が元気になる感じに仕上がりました。
※「高島帆布」琵琶湖の北西部に位置する高島でつくられている帆布。高島は織物に適した自然的立地条件(豊富な水、適度な湿度、肥大な土地)が備わり、古くから綿花を栽培し綿を紡ぎ手織りでこれを織り、日常生活の用に供していました。高島帆布は産業資材で得た高い技術力と確かな品質で、使い込むほどに手に馴染み味が出て来るとても丈夫な帆布です。

※帆布のお手入れ---普段はブラッシングを、部分汚れには消しゴムか、かたく絞った布で優しく叩いてください。縮みやすいため丸洗いはお勧めしません。

座面クッションの内部は、「チップウレタン」+「ソフトウレタン」+「綿」の三層をインナーカバーでくるみ、長時間座っても疲れにくい構造になっています。背面のクッションは「ソフトウレタン」+「綿」をインナーカバーでくるんだ構造で、背中を優しく支えてくれます。
  
左のソファはショールームにて常時展示しています。帆布カラーはグレーベージュ。